エクオール

イソフラボンとエクオールの生成

健康や美容に良いとされるイソフラボン
日々の生活の中で、健康と美を意識して摂取されている方も多いでしょう。
しかし、同じ量のイソフラボンを摂取していても、その効果に差がでることがあります。
どうしてそのような個人差が発生するのでしょうか。
以下に説明をさせていただきますね。

イソフラボンは、人間の体内の腸内細菌によって、「エクオール」という成分に変化します。
このエクオールは、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を持っています。
女性は45歳頃からエストロゲンの分泌量が減少し始めます。
減少が始まると、更年期障害や骨粗鬆症http://www.ltu-airways.com/strong.html、コラーゲンの減少が原因のお肌の老化など、女性にとってつらい症状が起こってしまいます。
そういった症状をエクオールが改善してくれるのです。

しかし、エクオールは全ての人間の体内で作り出されるものではありません。
イソフラボンをエクオールに変化させることのできる腸内細菌を持っている人のみしか、作り出すことができないのです。
日本の場合、エクオールを体内で作り出せる人の割合は約50%といわれています。
現代の日本では食の欧米化が進み、大豆製品の摂取量が減少しています
そのため、日本の若者世代では、体内でエクオールを作り出せる割合が減少しているといわれています。

ここまでの話を聞くと、自分は体内でエクオールを作り出すことができるのか、気になりますよね。
そのような場合は、尿検査で簡単に調べることができます。
最近ではインターネットでも簡易検査キットが販売されていますので、それらで気軽に検査することができます。

もし自分が、体内でエクオールを作り出すことができないと分かった場合も、ご安心ください。
エクオールはもともとイソフラボンから作り出されるものですので、適量の大豆食品を摂取し、なおかつ食物繊維などを摂取して腸内環境を整えることで、効果を得ることはできます。
今では、エクオールを食品化した栄養補助食品も販売されています。
自分にあう方法で、継続して摂取することが大切です。