エクオール

イソフラボンと胸の関係

健康や美容に良いとされているイソフラボンはバストアップにも効果があるのです。
大豆食品を摂って胸が大きくなるなんて、少し驚きですよね。
イソフラボンにはどのような効果があり、どのように摂取すると効果がでるのか、以下に説明をいたしましょう。

女性の大きな悩みとされている、バストの問題。
バストサイズに個人差があることは皆さん分かりますよね。
では、胸が大きい人と小さい人の間には、どのような違いがあるのでしょうか。
まず、胸には母乳を分泌するための「乳腺」があります。
この乳腺を守るように周囲を取り囲んでついた脂肪が胸となります。
この脂肪を増やすためには、乳腺を発達させる必要があります。
乳腺は、女性ホルモンのエストロゲンによって発達するといわれています。

ここで登場するのが、イソフラボンです。
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を持ちます。
このエストロゲン様作用により乳腺が発達し、バストアップにつながると言われているのです。
普段の食事に、豆腐や納豆・豆乳などを取り入れ、継続して摂取することが大切です。
即効性はないため、摂取してすぐに効果がでるものではありません、あくまでも継続することが大切です。

摂取する上で気をつけなければならないのが、過剰摂取です。
早く効果を出したい・少しでもバストをアップさせたいと考え、たくさんの量をまとめて摂取すると、生理不順などの症状がでてしまいます。
これは女性ホルモンに似た作用の影響です。
内閣府の食品安全委員会によると、1日あたりの摂取量の上限は70~75mgといわれています。
食品の目安でいうと、豆乳コップ1杯、豆腐1丁が目安となります。

普段からバランスの良い食事を心がけ、それらに大豆食品をプラスしてイソフラボンを摂取することが理想です。
安定した量を摂取したい方は、イソフラボンサプリもおすすめです。
適切な量を守り、継続して摂取することで、バストアップhttp://www.cocteautwins.org/ranking-for-bustup.htmlを実感することができるでしょう。