エクオール

効果を実感する瞬間

健康や美容に良いとされ、幅広い世代に愛されているイソフラボン。
その効果を得るため、多くの人が普段の生活に取り入れています。
体に良いことは分かっていても、実際にどのくらいの期間摂取すれば効果がでるのか、気になりますよね。

イソフラボンは特効薬ではないため、1日や2日摂取しただけですぐに効果がでるということはありません。
数週間~数ヶ月間、継続して摂取することで徐々に効果が発揮されるのです。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を持ちます。
エストロゲンは、40代半ばから急激に分泌量が減少し、女性の体に様々な不調をもたらします。
動悸やめまい、汗をかきやすくなり体がほてるなどの更年期障害の症状です。
また、若い女性もホルモンの影響で不調を感じることがあります。
それは、生理前の不調です。
生理前のイライラや腹痛、集中力の低下などです。
生理は毎月やってくるものですので、その度に体の症状に悩まされるのはつらいですよね。

最初に述べたとおり、イソフラボンは即効性のあるお薬ではないため、不調が始まってから摂取してすぐに効果の出るものではありません。
長く継続して摂取することにより、イソフラボンが更年期障害の不調を和らげたり、生理前の心と身体のコンディションを整えてくれるのです。

それでは、どのような方法でイソフラボンを取り入れると良いでしょうか。
一番のおすすめは、普段の食事で摂取する方法です。
日本には、大豆を原料とする食材が豊富にあります。
納豆や味噌などの発酵食品、豆腐、黒豆http://nagomiss.jp/black-soybean.html、きなこhttp://www.skatingpa.org/kinako.htmlなど、私たちが毎日の食卓で口にするものばかりです。
しかし、現代の日本は食の欧米化が進み、和食離れが進んでいます。
特に若い世代の日本食離れは深刻です。
普段の食事で摂取する機会が減少している場合は、サプリメントで補う方法も有効です。
一人暮らしで自炊をしないという方でしたら、サプリメントで無理なく継続して、体の調子を整えることができます。
自分にとって無理のない方法で、継続して摂取することを心がけましょう。